時々日記

私は気にしません☆
 

お教室に通ってくださる皆さまへ


私の教室の 『宿題』 について、どんな風に考えているかお伝えしたいと思います☆

私は基本的に宿題は出しません。
出したとしても、、出来なくて怒ったりしません。(笑)
私が宿題をお願いする時は、仕上げたい期限がある時と
教室だけではなく自宅でも作業をしたいのかな、と思う時。

もし、「次までに、進めてきま〜す♪」と言ったのに出来なくても
気にせずに教室に来て欲しいと思っています。

そして、続けて何度か休んでしまった時にも
気にせずにいらして欲しいと思っています。




こんな風に考えるのは、私の刺繍の先生がこんなことをおっしゃっていたからです。

「あまり気張らないで、ここ(お稽古場)に来た時だけ一生懸命にやりなさい。」




みなさまそれぞれの暮らしがあります。
そのなかのほんの一部の刺繍の時間にそっと添うようなお教室でありたいと願っています☆
趣味の時間が重荷にならないで楽しんでいただきたいのです。

でも!(笑)
頑張りたいスイッチが入った時や、仕上げる日限がある時など
『スパルタ・コース』もありまーす。


それではこれからも宜しくお願いいたします♪
いろいろお話できるときをたのしみにしています。




よいご縁に感謝しています。

                                            文













| 日本刺繍の小話 | 02:25 | - | trackbacks(0) | pookmark |
ちいさな☆お客さま
 
ちいさな可愛らしいお客さまがありました♪

上野教室でキッズクラスがあり、小学生が参加してくれました。

お子様の体験教室は私も初めてでした。

さて どうなることやら。

糸の縒りを練習して、両手を使って刺すという本格的な流れで進めました。

大人のクラスは3時間ですが、キッズは2時間の設定にしました。

がんばれるかな?   ↓こんな様子でした☆




糸が縒れた 「できたーっ!」

花びらひとつ刺せた 「できたーっ!」

針に糸が通せた 「できた、できたー!」  

いっぱい出来るようになりましたね♪  ↓





「う〜ん。 むずかしいぃ〜。」

左手を使う事がとっても難しいのですね。  
                           
針がどこに出るかな!?   ↓





とっても集中していましたね☆
   
お腹が減ったよぉ〜、とギブアップ。 

よくがんばりました。   ↓




糸を縒るのに1時間。刺しゅうをするのに1時間。

繊細な糸との戦い!?でした。

糸が上手に縒れた時は思わずニッコリ。

初めての刺しゅうは難しかったかな☆   ↓
 






仕上がった刺しゅうは可愛らしいカードに仕立てました。

みなさん、おつかれさまでした☆

「刺しゅうって、きれいだな」と感じてくれたら、、

初めての刺しゅう教室は大成功です。


おき ふみ









| 日本刺繍の小話 | 22:05 | - | trackbacks(0) | pookmark |
珍しいお客様がありました。
 
刺繍教室に珍しいお客様がいらっしゃいました☆

日本に語学留学に来られたスウェーデンの女性です。

スウェーデンにも刺繍があります。
実物を見たことはありませんが、布目を拾うような刺し方で「織り」のような美しい仕上りです。

日本刺繍では、繊細な絹糸を「縒って」使います。

糸を縒れるのかしら、、感覚的に外国の方も出来るのだろうか?と少し不安でしたが
とっても上手で手も早かったのに驚きました。

言葉はと言えば、ほんの少しの英語と少しの日本語でなんとか(笑)

「many!」 たくさん縒って!  「one!」 あと一本!  

「ムズカシイ〜」  「つよく!」 「ギューっと」  「オーケー♪」 「はい。」

・・・・思い出せません。これ程の言葉しか交わしていませんでした(笑)

ですが、きっと楽しんでいただけたのだと思います。
(私は楽しかったです)

彼女の日本刺繍本や刺繍を見る表情が印象的でした。
きっとすごく感動していたのだと思います。



日本刺繍は、本当に美しい刺繍です。

私の先生(江戸刺繍の職人)はこんな風におっしゃっていました。

・・・この仕事は、誰にでも喜ばれる‘綺麗な‘仕事だから。


それと、こんな事も。

・・・日本に畳があるうちは日本刺繍も残るだろう。 と。


まだまだ未熟者ですが「伝えたい」想いも持って続けてゆきたいと思います。
先生に会いたくなってしまいました☆
頑固じじい(笑)なんかじゃなく、ちいちゃくてかわいらしいおじいちゃまでした。









| 日本刺繍の小話 | 13:27 | - | trackbacks(0) | pookmark |